コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

製品情報

コンテンツタイトル下地

rapisco series

バクテリア迅速検出装置 rapid microscope

誰でも・簡単に・その場でバクテリア検出を可能に

飲料水、食品等の安全確保には、バクテリア検査(微生物検査)が必須です。

現状のバクテリア検査(培養法)は、検体を清潔な環境下に持ち帰り、最短でも1日~3日を必要とします。

そのため、現場ですぐに結果を得ることは不可能でした。

進化するrapisco ロゴrapisco series

『測れる』を支える3つのTECHNOLOGY

  • 高出力・高機能な光学エンジン イメージ
  • 1オプトエレクトロニクス技術の粋を集めたコンパクトで高出力・高機能な光学エンジン

  • 高機能・高精細画像解析ソフト イメージ
  • 2微生物と夾雑物を識別する高機能・高精細画像解析ソフト

  • 多様な検体やお客様のニーズに対応 イメージ
  • 3多様な検体やお客様のニーズに対応するためにバイオ技術を駆使した最適プロトコルのご提案

装置仕様

※下の表は横にスクロールします。

機種 RF01 RF02 備考
外形寸法 W131 × D154 × H239 mm 高さは持ち手部分も含める
装置質量 3.1 kg
対応電源 AC 100 V~240 V、50/60 Hz、
DC 24 V
専用ACアダプター使用
最大消費電力 12 W
使用温度 15 ℃ ~ 30 ℃ 直射日光が当たる場所ではご使用をおやめください
受光センサー モノクロCMOS
光源 LDモジュール(連続発振(CW))
λ=405 ± 10 nm
最大パワー15mW ± 10%
LDモジュール(連続発振(CW))
λ=488 ± 2 nm
最大パワー35mW ± 10%
パソコンI/F USB 3.0

ソフトウエア機能

※下の表は横にスクロールします。

バージョン APP 1 APP 2 備考
検出サイズ 細菌(固定) 細菌、酵母(真菌)、任意設定 酵母(真菌)のみの検出をご希望の場合はご相談ください
露光時間設定 1 秒間から10 秒間
(1 秒単位)
0.1 秒間から10 秒間
(0.1 秒単位)
検出時間 約8分間
(全視野検出、露光時間:10秒間)
検出視野数、露光時間によって異なります
検体量 0 ~ 3000 ml
条件保存項目 調光値、 露光時間、 感度調整、 撮影箇所、 保存場所、 試薬名、 検体量 調光値、 露光時間、 感度調整、 撮影箇所、 保存場所、 試薬名、 検体量、 検出サイズ
コントラスト調整機能 - あり
(設定値:30-255)
コントラスト調整は検出感度には影響しません

染色試薬

推奨試薬 備考
機種 RF01 RF02 RF02(原理上利用可能試薬)
総菌染色試薬 DAPI AO SYBR Green I、SYBR Gold、SYTO 9
生菌染色試薬 CFDA、CFSE CFDA、CFSE CTC、Calcein-AM、FDA
死菌染色試薬 AO - SYTOX Green、Ethidium homodimer、PI
大腸菌群同定試薬:SPiDER-β Gal

検出対象・検出推奨範囲

機種
(LD光源)
ソフトウェア 検出対象 検出推奨範囲
細菌 真菌類 芽胞
RF01
(405nm)
APP1 - - 100 ~ 100,000 個
/フィルター
APP2 -
RF02
(488nm)
APP1 -
APP2
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る