コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

RF-mk2・解析ビューア

コンテンツタイトル下地

“微生物・菌計測”は新たなステージへ

微生物迅速検出装置

rapisco

rapid microscope

見たいものをしっかりとらえる

微生物計測の未来系

新機種『RF-mk2』、オプションソフト『解析ビューア』2022年11月販売開始!

『RF-mk2』いつでも簡単にピント調整

これまでは画像を見ながらリアルタイムでのピント調整ができず、慣れが必要な操作になっていました。
新しくなった装置『RF-mk2』では、装置側面にピント調整機構を設け、撮影しながらいつでも簡単に精度の高い調整ができるようになりました。

『rapisco scan』新しくなった装置制御ソフト

rapisco scan

新機種RF-mk2の制御ソフト『rapisco scan』も新しくなりました。従来より光点を確認しやすくする機能や撮影条件設定時に撮影画像が確認できるようになり、ピント確認箇所も選択できるなど、お客様の声を反映した機能を標準実装しました。

オプションソフト『解析ビューア』

『AVS-R』より精度を求める画像解析に対応

繊維製品の抗菌性試験 - 生菌検出

使用検体:綿タオル
使用試薬:CFDA
測定波長:488nm

自動検出

標準搭載ソフトでの検出画像

夾雑物の誤検出あり

AVS-R画像処理後の検出画像

夾雑物の誤検出を抑制!

夾雑物を含む検体は、標準搭載ソフトの自動検出機能では誤検出する可能性があり、正確な検出が難しい場合があります。オプションソフトの解析ビューア『AVS-R』は、コントラスト調整、ムラ補正、ノイズ除去、輪郭強調、マスク処理など、画像処理機能を搭載。より精度の高い光点の検出を可能にします。

『AIDAmobe』AIの学習機能で検出に“区別“をプラス

花粉の検出

使用検体:スギ花粉
使用試薬:不使用(自家蛍光)
測定波長:488 nm

  • 割れている花粉
  • 割れていない花粉

区別して検出したい場合

事前に準備した『割れている花粉』、『割れていない花粉』の学習モデルを用いてAIDAmobeで検出

  • 標準搭載ソフトでの検出画像
  • AIDAmobeでの検出画像
標準搭載ソフトでの自動検出
割れている花粉を学習させたモデルの検出結果
割れていない花粉を学習させたモデルの検出結果

解析ビューアソフト『AIDAmobe』は、AVS-R の画像処理機能に加え、学習モデルを用いたAIによる検出機能を搭載。検出対象の形状の違いを区別した検出も可能です。例えば、検体にスギ花粉を用いた際には、割れているものと割れていないものをそれぞれ学習させたモデルを用いて、形状を区別して検出できます。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る